遺品整理全般

遺品整理の流れ

投稿日:

遺品整理は、多くの場合1日以内に作業が終了します。

遠方から遺品整理に立ち合いに来る依頼主も、1日以内であれば負担が少なく済むものです。
実際の遺品整理業者への依頼手順が、どのような流れになるかをまとめました。

 

遺品整理業者の選び方~依頼までの手順

 

1.業者へ問い合わせ

気になった遺品整理業者に、電話やネットなどで見積もり予約を取ります。
この時に確認すべき事は、現場への訪問見積もりに対応しているかどうかです。

実際に現場を見て、部屋の広さや物の量などを確実に把握した上で、費用を算出してもらいます。

電話やメールのみで見積もりを出す業者には注意が必要です。

後から追加料金を請求したり、見積もり額を大幅に上回る額の請求をしたりする事があります。

 

2.現場見積もり

実際に故人の部屋を見てもらい、実際に請求される額により近い見積もり額を出してもらいます。

不明な点や分からない点などは、この訪問見積もり時に確認しておくと安心です。
見積もり時は金額を見る事も大切ですが、担当業者の対応や丁寧さなどをチェックする機会でもあります。

接客態度や、営業方針などに好感が持てるかどうか、チェックしておくと良いです。

 

3.契約

遺品整理業者との契約は、決して1社だけの見積もりで決めず、少なくとも2社以上で比較検討する事をオススメします。

1社だけの見積もりでは、良い点も悪い点も判断できません。

最低でも2社以上、余裕があれば3社以上を比較してみると、違いがよく分かります。

契約を急かしたり、しつこく営業電話をかけてくる業者には要注意です。

 

3.作業者の事前打ち合わせ

遺品整理業者と、依頼主との間で事前の打ち合わせが行われます。

 

この時確認しておくべき事は、以下の通りです。

● 探している物の有無
● してほしくない事
● 触れないでほしい物
● オプションサービスの確認

遺品整理はとてもデリケートなものです。

事前打ち合わせの段階で、触ってほしくない物や場所、してほしくない事などがあれば伝えておいてください。
また、遺品の中から探し出してほしい物がある場合も、事前に伝えておくと良いです。

当日に立ち会わない場合は、特に念入りに確認作業を行う必要があります。
更に、オプションとなるサービスについて始めに聞いておき、不要な出費や精算時のトラブルを避けましょう。

 

4.共有部分の保護作業・挨拶

当日は室内を確認し、近隣への挨拶回りを行います。
大型の家具の搬出や、作業員の出入りで騒々しくなる為、近隣への配慮はしっかり行ってください。
マンションやアパート、団地などの集合住宅の場合、共有部分を傷付けたり、破損したりしてしまう可能性があります。

引越し業者の様な専用のシートやマットを使って保護をするのが一般的です。

 

5.遺品整理開始

実際に遺品を整理していきます。

● 生活用品や貴重品、思い出の品の仕分け
● 処分品の分別

最も時間が掛かるメインの作業です。
中には、処分するか、買取業者に依頼するかどうかの判断が問われる物もあります。

残す物と処分する物の目途を付けておき、どんな物を買取に出すかなど、依頼主ご自身で検討しておくとスムーズです。

【保留用段ボール】を用意して、処分に迷った物や困った物を一時的に保存しておく事もオススメです。

 

6.家財の搬出・清掃

部屋の中にあった、家財道具の搬出作業です。
大型の家具の解体なども行います。

また、整理し終わった部屋を掃除するのも、遺品整理業者の仕事です。
細かい内容は業者によって異なりますが、基本的なハウスクリーニングが基本料金に含まれる業者が多くなっています。

ただし、清掃作業はオプションサービスとなる場合もあるので、事前に確認が必要です。

 

7.最終確認・精算

現場を依頼主が最終確認し、作業終了となります。
多くの優良業者は、最終確認後の精算です。

 

作業時間の目安とその他サービス

平均して、1R~1LDKの1人暮らしの場合、約2~3時間程度で終わります。

ただし、故人の部屋の状況や物の量に応じて仕分け作業にかかる時間が大きく変わる為、注意してください。

2部屋以上になると、平均約6~8時間程度が目安です。

所要時間の目安については、見積もり時や契約時に確認してください。

また、供養品などの処理や方法については各業者によって違います。
● 人形供養
● お焚き上げ
● 合同供養

遺品や思い出の品など、供養が必要な物をどのように処理するか、明確にしておくと良いです。
料金やスケジュールを明確にしておく事で、気持ち良く遺品整理を完了できます。

遺品整理の流れを業者ごとに比較・確認

信頼できる優良な遺品整理業者であれば、上記と同じような流れで進んでいきます。
欠けている手順があったり、不明瞭な点がある場合、本当に信頼できる業者であるかどうか、今一度確認してください。

納得のいく供養ができるように、遺品整理業者選びは慎重に進める事をオススメします。

-遺品整理全般

Copyright© 遺品整理チョイス , 2019 All Rights Reserved.