遺品整理全般

特殊清掃について

投稿日:

特殊清掃は、遺品整理との関係がとても深いものです。
1人暮らしの方が孤独死を遂げ、発見が遅れるケースは増加しています。
また、孤独死だけでなく、自殺・事件・事故などあらゆる現場で特殊清掃は必要となるものです。

 

特殊清掃が必要なとき

遺体が長期間に渡り放置されてしまった部屋は、腐敗体液や臭いが残ってしまいます。一般の人が掃除するだけでは決して除去できない為、必ず特殊清掃を行う必要があります。

また、特殊清掃が必要な状況の場合、遺品もすぐに選別・処分しなければなりません。

 

遺品整理と特殊清掃について、最低限必要な基礎知識をまとめました。

 

特殊清掃が必要な場合とは?

孤独死や自殺など、故人が自宅で1人の時に亡くなり、発見が遅れた場合、遺体が腐敗します。

腐敗体液や死臭は、非常に特殊な汚れである為、ご遺族が自分で清掃することは不可能です。
尤も、大切な家族を亡くし、その悲惨な状況を目の当たりにしながら後処理まで行うのは、現実的ではありません。

 

この場合、特殊清掃業者が入り徹底的に清掃・消臭を行います。

 

特殊清掃って!?

腐敗体液を取り除いても、部屋に染みついた死臭は到底取り除くことができません。
しかし、オゾン脱臭やリフォームといった特殊清掃の専門器具や技術があれば、原状回復が可能となります。

 

塩素系洗剤などを使って作業する業者もありますが、一時的に臭いがとれても翌日にはまた元に戻ってしまいます。

 

遺体発見部屋の清掃は、とても高度な技術と経験、専門知識を必要とする作業です。
ご遺体が腐敗してしまった場合は、100%信頼できる業者へ依頼する必要があります。

 

特殊清掃の料金は?

特殊清掃の料金は高額です。

複数の項目別に料金設定がされており、追加料金なども発生します。

腐敗体液・血液・汚物撤去:2万円~35万円
害虫駆除:1万5千円~5万円
消臭・消毒:2万円~10万円

 

遺体の腐敗具合によって、汚物や体液、臭いの度合いも変わる為、それに伴い料金も変化します。

 

特殊清掃と遺品整理はセットで行う事が多い

特殊清掃の必要がある場合、家財道具や布団など、多くの遺品に死臭が残ってしまいます。
また、特殊清掃を徹底的に行わない限り、ご遺族が部屋に入ることすら不可能である場合も多いです。

よって、特殊清掃と遺品整理を同時に行うことが多くなります。

 

メモ

特殊清掃を専門に扱う業者は、遺品整理の知識も兼ね備えている事が多いです。
思い入れのある品や、相続に関わるものや貴重品の分別が可能になります。
特殊清掃と遺品整理、それぞれを別の会社に依頼することも可能です。

 

しかし、セットやパックになったコースを用意している会社も多い為、同時に引き受けてくれる業者を選んだほうが、費用は安くなります。

 

また、この場合特殊清掃の費用に、遺品整理費用が加算されます。

特殊清掃と遺品整理の費用目安は、1DKの孤独死(死後3週間経過)で10万円~15万円程度です。

状況によって費用が変わる為、早急に現場見積もりを依頼する必要があります。

 

特殊清掃業者選びのポイントは?

特殊清掃業者を選ぶポイントは2つあります。

 

1.清掃・消臭・消毒の技術と実績がある業者

確実な技術のない特殊清掃業者に依頼してしまい、死臭がいつまでも消えない場合があります。
死臭が消えないと、近隣や管理元からの苦情など、トラブルに見舞われることも考えらるのです。

死臭は部屋中に染みついてしまう為、壁紙や床材を剥がして消毒や消臭を行う必要があります。程度によっては、天井や壁材そのものを交換する必要も出てくるものです。

このように、徹底した特殊清掃の知識と技術がある業者を見極めてください。

 

業者見極めのポイント

● 特殊清掃優良事業所認定
● 事件現場特殊清掃し認定

上記の様な認定を受け、認定証などが提示できる業者を選ぶと良いです。

 

2.清掃だけではなく、遺品整理や供養まで行ってくれる業者

特殊清掃業車の仕事は、清掃と消臭・消毒だけではありません。

 

● 遺品整理
● 現場供養

部屋を原状回復させるのはもちろんのこと、故人の思い出の遺品を大切に扱い、分類する知識や、供養のサービスがあるかどうかも見極めのポイントです。

デリケートな依頼である為、業者の担当者のモラルや配慮なども重視してください。

信頼できる特殊清掃業者選びが、故人を偲ぶことに繋がります

 

突然の訃報に対し、ご遺族の気持ちが追いつかない事は多いものです。
少しでもご遺族の負担を軽減させる為にも、実績や経験の豊富な信頼できる特殊清掃業者を選ぶことをオススメします。

 

清掃技術や費用面だけでなく、故人の遺品関係の扱いや供養などにも配慮してくれる業者かどうかを重要視して見極めてください。

 

-遺品整理全般

Copyright© 遺品整理チョイス , 2019 All Rights Reserved.